パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

決算発表に一喜一憂-今週の株取引-

8/1月曜日。昨日は久しぶりに少し長めの停電を経験した。雷が鳴っていたし、エアコンもつけていたから、その罰符にふさわしい数分間だったのだろう。

 

先週末のアメリカ株は3指数ともにそこそこの上昇となった。

ここまで7ヶ月が終わって月トータルの収支結果は3勝4敗という体たらくである。今年が終わる時点で8勝4敗勝率.667が最も高い数値になるわけで、少なくとも.500を割らず、3桁万円の上のほうの利益は確定したいところである。年末日経平均株価35,000円なら鼻くそでもほじっていれば辿り着けそうな目標値だが、年末に30,000円に届かなくても3桁は欲しい。

 

そう考えて今日やったこと。「見」。注文さえ出さずに株価の動きを見ていただけだった。これでも儲かるときは儲かるのでね。

本日の日経平均株価終値…27,993.35円(前営業日比+191.71円)、マザーズ指数…724.56

 

2日火曜日。血圧を下げる薬を常用している。そして毎日血圧を測るようにしている(医者の指示。よく忘れる)。1回測って上が170の場合などは再度測る。たまに110とか出ると血圧計への信頼度が下がるが、ちょっとだけ喜びを感じながらその値をアプリに記録する。本日は119/70。薬の効果か、たまたまか、血圧計の不調か。

 

アメリカ株は3指数ともに僅かな下落。140円台も近いといわれていたドル円が本日は130円台。激しい動きをしている。

 

昨日から頭を痛めているのはメイン銘柄(最も長く多く保有している東証プライム銘柄)の扱いだ。本日大引け後に第3四半期決算が発表されるのだ。2回の分割前から保有し続けている長期保有者であり、一時的にテンバガーも達成し、そこから1/3以下まで下落し、決算発表の度に大きく株価を下げと、大波小波を経験してきた。売りで儲けている機関投資家がおり、その動向が当然、株価に大きな影響を与えている。業績から見るともっと上がっていてもいいハズなのに。

すでに最も多く持っていた頃から1/3程度まで保有株式数を減らしている。短期でパンパン取れるような銘柄ではないから、ここで得た利益を短期的に元気良く動く他の銘柄にシフトしているのだ。

 

これまでは好決算を発表しても翌日に大きく下げることが多かった。なぜ下がるのか。機関投資家が売るからだろう。どちらかというと閑散銘柄なので、機関がちょっと動けば株価は大きく動く。

決算は良いはずだ。会社予想は上回る可能性が高いし、コンセンサス予想も同等か少し上回るのは間違いない。業種的にも未来的展望は明るい。

 

前場日経平均株価は前日比-443.94円と大きく下げたが、メイン銘柄前場引け時点で同+1.58%となっている。出来高は平常運転で機関が参加しているとは思えないから、個人の期待感の表れだろう。

機関の空売り残高の推移を見ると夏休み的なイメージがある。以前よりも動きが緩慢である。

 

決めた。今日は信用分で持っているメイン銘柄を全部売ろう。これで残りは現物とNISAだけになる。

明日株価が上がっても現物分があるから喜ばしいことだし、大きく下がったら買い増しを考えればいい。

 

後場に入ると日経平均は前日比-400円前後で膠着状態になったけれど、メイン銘柄は期待感があるからか静かに上昇する。それならばということで、現物株も10円刻みで次々に売り注文を出し、結果的に300株約定する。

さて、明日、どうなることやら。

本日の日経平均株価終値…27,594.73円(前日比-398.62円)、マザーズ指数…716.46

 

3日水曜日。昨日の大引け後に発表されたメイン銘柄の決算は普通だった。期待感という点ではマイナスだろう。この程度では今日、大きく下がってしまう。結果論だが、長期投資家でなければ(w)昨日3,000株売っておけば良かった。長期目線ゆえ、それはあり得ないことなのだが。

というのも、テンバガー達成時でさえ利益確定したのはわずかであり、それはもちろんもっと上がることを願って欲張ってブヒブヒ鼻息荒く抱え込み、さらなる上昇を夢見た。その後の下落局面で売らされ、1/3まで下がる中で吐き気を催し、それでも何とか買ったり売ったりして今がある。決算発表の度に反吐を吐いたが、長い付き合いなのである。この下げは痛いけれど、これまでの怪我に比べれば大したことはない。

寄り付いたのは9:09で前日比8%ほど下がって始まった。1分後に前場最安値まで下がったから、その金額よりちょっと安い金額で買い注文を出す。

 

アメリカ株は3指数ともに下げたから日経平均株価も下がるかと思いきや、上昇している。

 

ラクスル(4384)の現物分を売りに出す。先週、信用分はわずかな利益で全て処分したが、現物分は少し残しておいた。今日の株価上昇で僅かな利益となったから売る。2,342円。約定すればめでたい。10:32約定。

数ヶ月にもわたって株価の動きを見て満を持して飛び込んだラクス(3923)ラクスルだったが、前者ではそれなりの利益を出すことができた。後者はマイナスにはならなかったが、手間賃も出ない程度で終わった。

しばらくこの2銘柄とはお別れである。ここからは取れる気がしないからだ。

 

HENNGE(4475)にも売り注文を出しておく。

 

後場メイン銘柄の買い注文が次々に約定する。ぴったりの金額部分に多くの人が並んでいるから、それよりチョイ高めで注文すれば難なく約定する。すでに前日比-10%超。一時、東証プライム銘柄の値下がり率ワースト1になった。当然、ずっと持っている現物分の含み益は大きく目減りしている。

 

さて、本日大引け後には準メイン銘柄に育てたいと考えている銘柄のうちの一つ、太陽誘電(6976)の第1四半期決算が発表される。1,000株単位で持っているから、失望決算からの株価下落を喰らうとそこそこ悲しい思いをすることになる。長期的な視野に立っての銘柄選択だったから、今売る気はない。ただ、ちょっと怖い。

本日の日経平均株価終値…27,741.90円(前日比+147.17円)、マザーズ指数…723.89

 

4日木曜日。昨日はタツモ(6266)が通期連結決算予想を上方修正した。サプライズである。付き合いは短いので、決算発表前のこの段階で上方修正が出ることが多いのか少ないのかさえ知らない。

太陽誘電は1Qの連結経常利益は伸びたが売上営業利益率は低下した。今日の株価、あまり下がらないでほしいところだが…。

 

タツモ太陽誘電も寄り付いたのは9:12。前者は前日比+131円の1,400円で、後者は前日比-295円の4,405円。寄り付いた後にはタツモは今後の上昇を見込んで、太陽誘電は悔しいからどちらも買いで入ろうと考えた。板を見ながら注文を出したのは後者で、4,395円で100株の買い(焼け石に水w)。目まぐるしく変化する板を見つつ、金額は適当にどこかで修正すればいいくらいの気持ちだったが、注文後30秒も経たずに下落して約定した。約定4分後には4,355円まで下がる。

 

アメリカ株は3指数ともに値上がりし、日経平均先物は28,000円くらい。日経平均株価終値で28,000円台に到達してもおかしくない。もっとも、それよりも自分が保有している銘柄だけパンパン上がれば何の文句もないのだが。

 

昨日バカみたいに下がったメイン銘柄はちょこちょこ大きな買いが入って上昇する。前場引けで前日比+1.61%。悪くない。太陽誘電が同-5.11%で4,460円。悪い。タツモは同+8.27%で1,374円。良い。

 

後場に入ってもメイン銘柄は時折小さくない買いが入って前日比+3%を超えていく。長く付き合っている銘柄だからわかる。大きな下落の翌日に戻り始めるのは良い兆候である。

本日の日経平均株価終値…27,932.20円(前日比+190.30円)、マザーズ指数…736.02

 

5日金曜日。曇り空。どんよりしている。洗濯したが、外に出すのはちょっと危険か。天気予報や雨雲の動きを見ると夜までは降らないようだが、部屋干しするとしよう。

 

日経平均株価は午前中に28,000円台に乗った。決算発表を受けての株価の上下動を見ながら、ラクスルは今日も上がっている。ずっと上がっていないか? 売った後も上がり続けると自分のセンスのなさを思い知らされる。

 

月の第1週の金曜日は、週末要因だけではなくアメリカ雇用統計の発表が夜に控えていることもあって売れるものは売っておきたいし買えるものは買っておきたいという思いがある。とはいえ、長期的な視線で俯瞰するならば、気にする必要はないかもしれない。そんなないまぜの気持ちで板を見る。

BASE(4477)が下落している。第2四半期決算が悪かったからだ。一時、深い付き合いがあって相当やられた記憶しかない。すでに株価を見るための100株保有者に成り下がっていて、すでに決算発表日がいつなのかにも興味がなく、場が始まる前に不自然な板を見てニュースを探して納得したという感じである。一時前日比‐10%以上となった(最終的には-14.54%)が、自分の株収支に与える影響はほとんどない。配当の可能性も永遠になさそうだし、100株保有の意味もほとんどなくなってきたからそろそろ捨て去ろう。

 

今週は決算発表による株価下落に悩まされた。特にメイン銘柄と準メイン銘柄にしようと考えている銘柄が下落したのが痛い。結果的にはその下落に乗じて買い戻したり買い増したりしたけれど、ここから9月の配当に向かって上がってくれることを切に願う。神頼みみたいなことをしている間は大して儲けられないだろうが。(令和4年8月6日)

8/5の日経平均株価終値…28,175.87円(前日比+243.67円)、マザーズ指数…730.36

kingdomfreedom.hatenablog.com