パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

パチンコグッズお宝博覧会815(藤商事-58)

f:id:kingdomfreedom:20220224125107j:plain

リングと聞いて思い浮かべるパチンコ台は何だろう。多くの人に問うてみた。ある人は「ドルフィンリング」といい、ある人は「リングにかけろ」といい、ひねくれた奴は「ローリングファイヤー」とか「ローリング7」とか「スペースリング」とか「ローリングマシン」とか「スリングショット」とか「ローリングスター」とか「カップリング」とか「ボウリング革命P★LEAGUE」とか「新日本プロレスリング」などという。実はこれ以外にも機種名のどこかにリングが付く機種は数多く、まだまだある。

しかし、平成19年に「CRリング」が発表されたことで状況は一変する(そんな大袈裟なものではないが)。それ以降、リングが付く機種名のほとんどは「リングシリーズ」のパチンコ台ばかりになるのである。

そんな「CRリング」の販促物はずしりと重い黒い箱に入っていた。いつものように早速開けてみる。

f:id:kingdomfreedom:20220224125117j:plain

おお、格好いい。機種名が入っているし、重厚感があって素敵だ。本来の目的は灰皿だが、サイコロを振る際のカップとしても使えるし、いざとなったらお茶を飲む際に使用するのもありだろう。
「CRリング」のその後のシリーズ機の展開とヒットは誰もが知るところだろう。(令和4年8月25日)

ⓒ1998「リング」「らせん」製作委員会

kingdomfreedom.hatenablog.com