パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

新型コロナウイルス濃厚接触者としての1週間

親族の新型コロナウイルス陽性が判明したのは8/20(土曜日)朝のこと。前日にかかりつけ医の元で診察を受け、抗原検査では陰性、血液検査では一部の数値が悪くて医者は首をかしげて入院も少し考えていたが、結果的にはPCR検査の判定を待って判断することに。

翌日朝、かかりつけ医からの電話でコロナ陽性が判明。

「まじかぁ~」。一言叫んでから様々なやるべきことをやり始める。

 

幸いなことに、陽性者の状況は悪くない。体温計は電池切れで熱は計っていなかったが、手によるでは熱はなさそうだった。咳は出るが、たまに。味覚障害はない。だるそうだ。食欲はない。水分を多く摂りたがる。

 

住居がある地域の役場のHPを見て、必要な物資(食料やパルスオキシメーター)を頼み、濃厚接触者としての抗原定性検査キットも申し込んだ。

 

保健所から電話があり、病状などについて詳しく聞かれる。体温はしっかり測らなければいけないということで、体温計を探すも電池切れ。ネットスーパーで注文して3時間後に入手する。

 

日曜夕方には様々なモノが届いた。食料やパルスオキシメーターなどだ。抗ウイルス薬のラゲブリオも到着した。早速飲ませる。1回カプセル4つというのはちょっとしんどそうだ。

 

になって陽性者のパルスオキシメーターの数値が92になったので、保健所に教えてもらった夜間・休日専用窓口に電話すると、すぐに医者を呼んだほうがいいということになった。22時には大きくて重い酸素濃縮装置が届き、その30分後には医者がきて咳止めの薬を置いていった。

 

月曜日には近くの病院から電話があり、陽性者の事情を聴かれた。保健所から連絡が行ったのだろうか。水曜日にまた電話が来るらしい。

 

陽性者の体温や血中酸素飽和度の測定は1日に何度もやっている。陽性者の体温は37度を超えることはなく、月曜日以降は血中酸素飽和度も96程度。超濃厚接触者となる自分も便乗して測る。同じく体温は36度台で数値は98。元気だ。

 

今、新型コロナウイルスの感染者が増えて医療は逼迫しているという。

そんな中で、医療従事者や保健所、荷物や薬を届けてくれた人々、皆、実に優しい対応だった。疲れていたり苛々していたりすることもあるだろう。暑い中、感染者の元に行くのは嫌かもしれない。しかし、玄関への置き配にも関わらず、置いた後にわざわざ頭を下げて立ち去った配達員がいた。電話のやり取りも心がこもっていた。

 

自分の感情だけで行動し、親族の葬式でその他大勢の親族を傷つける言葉を大声で叫んだバカ男。

10万円貸して返してもらおうと会ったら「それより10万円貸してくれ」と言ってきた厚顔無恥なボケナス。

人を利用して自分の利益に繋がることしか考えていないカス野郎。

金も時間も手間も一切かけず、何もしないにもかかわらず口だけは出すアホの棟梁。

反論できない年下の人を𠮟りつけ、しかし自分は仕事もせず責任感もなく、従業員の給料を支払わずに結果的に飛んだクソ社長。

 

短くない人生の中でそんな自分のことしか考えないガッカリ人間を多く見てきた中で、全くの他人にそれなり(以上)に温かくされると心の中で涙がこぼれてしまう。

 

ありふれた言葉だが「世の中、捨てたものではない」。

 

火曜日にも保健所と病院から電話があった。陽性者のパルスオキシメーターの値があまり良くないことを伝えると、測る際に汗を拭きとったり指を温めたりしてから測ったほうがいいと言われる。そのお陰か、数値は92~95あたりになった。酸素濃縮装置回収の話もしたが、血中酸素飽和度がまだ少し低いから、念のため回収はしないという。

相変わらず陽性者は食欲がなく、水分を摂りたがる。

 

水曜日、ポストに郵便物を取りに行ったら抗原定性検査キットがゆうパケットで届いていた。月曜日からポストは見ていないから、いつ届いたのかはわからない。

保健所と病院からも電話があった。酸素濃縮装置の回収はこちらから申し出た。他にもっと必要としている人がいるだろうし、素人判断だが、そこまで重症化していない(ように見える)からだ。血中酸素飽和度は94前後。ちなみに自分は97。

陽性者は水分や流動食などで栄養を摂っているが、相変わらず食欲はないようで、渾身の手作り料理(w)はあえなく廃棄している。

 

木曜日。様子は変わらない。熱はなく、血中酸素飽和度は95くらい。食欲はあまりなくて栄養剤のようなものを多く飲んでいる。水も。ただ、たまに出る咳以外は年齢相応の状況であり、コロナの悪影響はないように見える。ラゲブリオは本日で飲み終わった。

 

金曜日。状況は同じ。ちなみに、多少は覚悟をしていた濃厚接触者の自分にも症状はない。相変わらず熱はないし、血中酸素飽和度は97、熱は36.4度。

近くの病院から電話がある。状況を報告する。明日も今日と変わらないのであれば療養は終了とのこと。

 

土曜日、何ら変わらず。最後の咳止めを飲ませる。午前中に病院から電話があって、今日の状態なら療養終了でいいだろうとのこと。

 

親族が感染したことは残念だったし、自分が濃厚接触者になったために予定をいくつも変更したのは痛いことではあったが、それ以上に得たものもあったように思う。(令和4年8月28日)