パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

「美味い!」と言える幸せ

写真はイメージです

誰と行ってもいつ行っても「美味い!」という言葉しか出てこない飲食店がある。

初めて注文した際にその料理があまりに美味しく、その後はそのメニューしか頼んでいないので、他の料理がどの程度の味なのかはわからない。

 

その店は駅から離れた場所にあり、駐車場は狭くて数台分のみ。

特に接客がいいわけではない。

というか、以前には予約を入れて行ったにも関わらず、時間通りに店に行ったら「本日休業」の看板にブチ当たったことがある(その後、半年以上は罰としてその店には行かなかった)。

 

その罰は、逆にこちらへの罰ではないかという状態になったから、8月某日、知人と出かけた。夜早めの時間(18時過ぎ)に行くと、未だ続くコロナ禍のせいなのか、ほぼ貸し切り状態だった。それでも恐らく継続的に料理を提供しているホテルか何かがあるようで、相変わらずネタは新鮮。2人同時にやっぱり「美味い!」。

わざわざ車で30分かけてまで行った甲斐があるというものだ。

 

12月に海外から友人が家に来るという。3ヶ月も前から予定を立てているとはかなり力が入っている。

夜にはこの飲食店に連れて行こうか。現状、友人・知人と会食をするならこの店くらいしか思い浮かばない。(令和4年9月4日)