パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

壊れたパソコンは5台

仕事で使っていたこともあってMacintoshのパソコンにはずいぶん前から世話になっている。

デスクトップ型、一体型、ノート型と合計5台をほぼ同時に使っていたこともある。

パソコンおたくの社長がいて、会社の経費だからとやたらとパソコンを増やし、調子が悪いモノや使い古したモノを社員に渡していたのだ。

そして、会社のモノ、自宅のモノを問わず、週に1回や月に1回はパソコンの調子が悪くならないようにマニュアルを作って30分ほどでできる様々な「掃除」をするよう求めた。手を抜くと怒った。あまりに本業の仕事をしないので、「パソコンばかりいじっていないで仕事したら?」と言ったら発狂した。

 

Macだから仕方がないという「常識」があった。壊れるのだ。起動できない。画面が黒くなる。いくつかの外付けHDDにデータを保存していたから、illustratorなどの作業中にMacが落ちてやり直しになったことは何度もある(10分おきくらいに保存はしていたから被害は最小限)が、致命的なことはなかった。

しかし、何をやっても起動できなくなり、いよいよゴミになることも珍しくなく、数年間でMac5台がご臨終となった。

 

ノートパソコンはHDDから異音がするというハードがハードに壊れたのでゴミ。

それ以外のデスクトップ型と一体型はHDDを取り出して中を綺麗に「清掃」し、今はデータ保存の予備の予備の予備(信頼度は低い)として使っている。どうにもこうにも動かなかったHDDはゴミにした。

 

ここ数年はMacを使う必要性が薄れたので、Windowsを使っている。デスクトップ型2台とノートパソコン1台だ。

発狂社長はいないので、パソコンの「掃除」は一切やっていない。そのせいか、最近は以前に比べてパソコンの動きが少し悪くなったような気がする。もちろん、データはほぼ全て外付けHDDに保存している。ただ、Windowsパソコンで壊れたモノはない。全てが未だに現役である。

 

あの「掃除」って何だったんだろう。(令和4年9月11日)