パチンコグッズお宝紹介と株式投資、たまに群馬

令和時代のブログ(Railway:鉄道、Entertainment:娯楽、Investment:株式投資、Word:一言、 Automobile:自動車)

エビデンス?

新型コロナウイルスPCR検査で陽性と言われて療養したけれど、新型コロナウイルスのワクチンを打っていたから軽症(無症状)で済んだ」と言う人がいる。

 

ん?

 

軽症で済んだ、もしくは無症状だったことが「ワクチンを打ったから」ということとイコールであることのエビデンスは? 個人差は? 打っていなくても軽症や無症状だった可能性は? 即座にそう反応してしまうのは性格の悪さの表れだろうか。

 

ワクチンを打たなくても軽症だった、もしくは無症状だった人を多く知っているけれど、「ワクチンを打たなかったから軽症(無症状)だった」と声高らかに言う人は聞いたことがない。なぜだろう。

 

一般的に考えると、ワクチンは打ったほうが良さそうだ。

ワクチンを打てばコロナに罹っても重症化しにくいかもしれない。

ここまでワクチンを打つことが「善」であると喧伝されれば多くの人が打つだろう。医療関係者の負担を減らすためにも。副反応や、最悪の場合ワクチン接種で死に至ったとしても。

 

同じようにコロナに罹っても、その結果は個人差が大きいようだ。何回もワクチンを打ったのに複数回コロナに罹った人もいるというし、無症状で療養中に暇を持て余した人もいれば、入院したり後遺症に苦しんでいる人もいる。

 

最初の言葉は次のように言うのがより正しいのではないか。

 

新型コロナウイルスPCR検査で陽性と言われて療養したけれど、自分は軽症(無症状)で済んだ」。

 

ちなみに、現在のところ、自分自身は新型コロナウイルスには感染していない(ここ数年、熱は出ていないし、コロナの典型的な症状は出ていないということ)。都会にはほぼ出て行かないし、マスクは自宅以外で未だに付けているし、飲み会や会食は控え気味だからかもしれない(断定はしない。エビデンスがないから)。我ながらラッキーだと考えている。もっとも、1年後に変異株に罹って大変なことになる可能性もあるから、すでに罹っていたほうが良かった、ということに将来的にはなるかもしれないし、何がラッキーかなんてわからない。(令和4年9月19日)